本文へジャンプ~不妊ピア・カウンセラーによる不妊当事者支援活動~
ラ・ポルタとは

名前の由来と私たちの願い・・・

ラ・ポルタとは、イタリア語(La Porta)で、「扉」という意味です。

赤ちゃんを授かりたいと思い始めて、いざ動き出してみると、実にいろいろなことが起こります。
つらいことも、楽しいことも、折々にあると思います。
不妊治療をこれから始めようかなあと迷うとき、すでに開始しているけれど、
ちょっぴりつらくなってきたなあというとき、日々の周期的なつらさを抱えて、
落ち込んだとき、これからの治療をやめようかしら?と迷うとき、
・・・・・さまざまなお気持が生まれることでしょう。

病院で、ひとりで長い時間黙って診察を待つことは大変なことだと思います。
結果に一喜一憂することもあるかもしれません。
このTEAMには、少し前に、同じ経験をした仲間たちがいます。
わたしたちは、ゆっくりと、静かに、皆さんのお気持を聴く役割となれたらと思います。

このグループ名(タイトル)に、ふたつの願いを込めました。

ひとつは、
誰かと話したいと思ったとき、
この「扉」を開けて入ってきていただきたいということ。

そしてもうひとつは、
ここを基点として、皆さん自身の力で、
いつか、それぞれの新しい「扉」を開いていただけたら、ということです。

 ・・・皆さんが、つらいこと・苦しいこと・うれしいことを、誰かと話したいとき、
 ラ・ポルタのさまざまな活動がお役に立てたらいいなと思います。



TEAM ラ・ポルタは、不妊ピア・カウンセリングを学び実践してきた
不妊ピア・カウンセラー有志による不妊当事者支援グループ(チーム)です。

これまでに積み上げてきた体験者視点からの支援経験を基に、
サポートグループとしての活動を開始しました。

メンバーたちは、不妊治療を受けた患者としての経験を根底に持ち、カウンセリングを学び、
その後に、今このとき治療中の患者さんたちを支える活動の経験を、積み重ねてきました。
メンバーたちは、ピア・カウンセラーの資格取得後もそれぞれに学びをつづけています。

活動にあたり、臨床心理士の平山史朗先生、小倉智子先生をスーパーバイザ―にお迎えして、
ご指導いただいております。(両先生のプロフィールはこちらをご覧ください)

メンバーそれぞれに不妊ピア・カウンセリングの個人相談の経験、グループファシリテーターとしての経験、講演活動、医療従事者へ講義など、多方面の支援経験があります。
また、全国の不妊ピア・カウンセラーによる自主活動グループとも連携しながら活動しています。
ピア・カウンセリングというスタンスで、不妊相談やグループワーク、患者会のお手伝いなどに
取り組んでゆきたいと考えております。

2010年4月より、東京ウィメンズプラザ等の都内中央部・西部地区の公的会議室を利用し、
グループ・シェアリング、個別相談会などを毎月開催しています。
(※当グループの実践活動は、講座を修了し、認定を受けたピア・カウンセラーが独自に企画運営しています。)


          TEAM ラ・ポルタ 世話人 石井 慶子
*石井のプロフィールは下記


TEAMラ・ポルタ
不妊ピア・カウンセラー スーパーバイザー プロフィール

◆平山 史朗先生(ひらやま しろう)

資格:
(財) 日本臨床心理士資格認定協会 認定 臨床心理士
日本生殖医療心理カウンセリング学会 認定 シニア生殖心理カウンセラー

◆小倉 智子先生(おぐら ともこ)

資格:
(財) 日本臨床心理士資格認定協会 認定 臨床心理士
日本生殖医療心理カウンセリング学会 認定 生殖心理カウンセラー



TEAMラ・ポルタ 世話人
◇石井 慶子
生殖心理カウンセラー(日本生殖医療心理カウンセリング学会認定)
社会福祉士 精神保健福祉士 
現在:聖路加看護大学看護実践開発研究センター客員研究員


TEAMラ・ポルタ 共同代表
◇井沢 凛
不妊ピア・カウンセラー(NPO法人Fine認定/2005年)
◇西山 修子
不妊ピア・カウンセラー(NPO法人Fine認定/2005年)
◇平山 歩美
不妊ピア・カウンセラー(NPO法人Fine認定/2005年)


   Copyright c 2012 TEAM ラ・ポルタ All Rights Reserved.